地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新発田・胎内・聖籠の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

新発田・胎内・聖籠の地域情報サイト「まいぷれ」新発田・胎内・聖籠

まいぷれ的・年末年始特集【新発田・胎内・聖籠】

乙宝寺(おっぽうじ)二年参り・初詣情報【2018~2019年】


およそ1300年もの歴史が続く、

胎内市乙(きのと)地区にある「乙宝寺」

 

国重要文化財・三重塔が立つほか、

松尾芭蕉が訪ねて句を読んだこともあったり、

寺にまつわる伝説多いなど

逸話が多く残されているお寺です。

二年参り(初詣)概要

 

乙宝寺(おっぽうじ)

※ 2018年12月31日(月)~2019年1月3日(木)間の情報です。

参拝可能時間

通常参拝時間と同じ。

混雑する時間帯

12月31日 23:00過ぎくらいから、

参拝者が増え始める。

お手洗い

「仁王門」入口側から向かって、

右手にあり。

境内での催し

◆ 除夜の鐘つき体験

12月31日 23:30~

受付はありません。

「鐘楼」前の列に直接並んでください。

(※108回を超えても鐘をつくことができます)

 

◆ 400食限定「年越しそば」販売

12月31日 「仁王門手前」にて販売。

 

◆ 「お神酒」提供

「仁王門手前」にて提供。

 

◆ 甘酒の無料振る舞い

12月31日のみ、

「大日堂内」にて先着順で提供。

 

◆ 絵馬や破魔矢、お守りなどの販売

通常と同じく、「大日堂内」にて。

 

板額弓人(cute♥)隊の演武

12月31日 23:45~

「三重塔」前にて。

 

期間中限定「三重塔ライトアップ」

出店 乙宝寺前に、10店舗ほど出店あり。
住所 胎内市乙1112
お問い合わせ

◆ 乙宝寺 0254-46-2016

乙まんじゅうや

リンク

乙宝寺HP

Facebook

乙まんじゅうや

 

乙宝寺について

 

ご利益

【大日堂】

厄払い・厄除け、学業成就、家内安全、病気平癒、商売繁盛

【三重塔】縁結

 

乙宝寺の名前の由来

乙宝寺の名前の由来はご存知ですか?

 

 

ある時、インドからやってきた、

僧侶・婆羅門僧正(ばらもんそうじょう)が

お釈迦様の「ある体の一部」を宝物殿に納めました。

 

乙宝寺には、

なんとお釈迦様の左眼が納められているのです!

 

お釈迦様の右眼は中国の甲寺に、

左目を現在の乙宝寺に納めたことで、

かくして「乙寺(きのとでら)」と呼ばれることとなりました。

 

その後の平安時代に白河天皇が、

お釈迦様の左眼を納める金塔を賜ったのと

同時に「宝」という文字もいただいたことで、

乙寺から「乙宝寺」に改名したそう。

 


現在も宝物殿に納められている、お釈迦様の左目。

 

「見える」ことに執着せず、

「見るものではなく、心で拝むもの」と、

参拝の際に思い出してみてください。

臨時駐車場

乙宝寺 第1駐車場 乙郵便局向かって正面に入口あり。
乙宝寺 第2駐車場

乙宝寺目の前にあり。

乙宝寺 第3駐車場 乙郵便局の裏手にあり。

 

PICK UP 新発田・胎内・聖籠のお店 ~グルメ~

  • くつろぎ居酒屋 鳥一番

    くつろぎ居酒屋 鳥一番

    胎内市東本町17-39

    [ 居酒屋・海鮮・創作料理 ]
    おいしいお酒とともに、最高のくつろぎのひとときを!

  • 豊谷殿

    豊谷殿

    新発田市諏訪町1-8-10

    [ 神前料理・宴会会場 ]
    大切な方との特別な時間を、当店でごゆっくりお楽しみください。

  • 和牛ハンバーグ&カフェ 四季彩ひととき

    和牛ハンバーグ&カフェ 四季彩ひととき

    新発田市貝屋32-5

    [ レストラン(和牛ハンバーグ)、カフェ ]
    大人の隠れ家レストランで味わう、至福のひととき。

  • 鮨・和食 ながしま

    鮨・和食 ながしま

    新発田市諏訪町1-2-10

    [ お食事処・和食レストラン ]
    しばたの駅前にうまいものあり! 鮨・和食のながしまです。

  • 地酒と季 横丁へい

    地酒と季 横丁へい

    新発田市本町1-2-5

    [ 居酒屋・創作料理 ]
    こだわりの味を、より洗練された空間でお楽しみいただけます!

  • 鳥はし

    鳥はし

    新発田市中央町4-6-14

    [ 居酒屋・焼き鳥 ]
    旨い焼き鳥、食べたくなったら「鳥はし」へ!