地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新発田・胎内・聖籠の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

新発田・胎内・聖籠の地域情報サイト「まいぷれ」新発田・胎内・聖籠

たいない写真館

たいない写真館

胎内市の風景や風物詩などを、写真でお楽しみください。

たいない写真館2024年

木の上に咲くユリ(2024年5月29日掲載)

健伸館(旧竹島小学校)の敷地内には、「ユリの木」の花が咲いています。
「ユリの木」は明治時代にアメリカから輸入され、洋風建築に合う樹種として日本各地に広まりました。
花を咲かせるのはわずか10日間と短いですが、木の上にユリが咲いているという不思議な光景に、皆さんもぜひ足を運んでみてください。


撮影日:5月24日

yurinoki

 

 

 

地域住民と学生による、植栽活動を通じた交流が行われました(2024年5月21日掲載)

つつじが丘自治会と開志国際高校の国際交流サークルの生徒が、つつじが丘地域で植栽活動を行いました。
昨年に引き続き2回目の協力活動となった今回は、開志国際高校の武道場近くにシバザクラ約800株を植えました。佐藤自治会長は、「この場所は学生の皆さんも行き交う場所なので、来年の春に花が咲くときにぜひ見てほしい」と話されていました。また、通りがかった住民の方からは、「今後、ここを通ることが楽しみになった」との声も聴かれました。


撮影日:5月10日

tutihori

zentai

 

 

 

訪ねてきたのは(2024年5月14日掲載)

中条中央病院の方に情報提供いただき、伺ってみるとそこには…
『トラフズク(フクロウ科)』と思われる鳥が敷地内の木を、訪れていました。
全部で3羽おり、その中にはひなもいました。
ひなたちは並んでこちらを見ており、微笑ましかったです。

中条中央病院の皆さま、ご協力いただきありがとうございました。


撮影日:5月10日

oya

hina

 

 

 

市長と学生による座談会(2024年1月19日掲載)

1月17日、新潟食料農業大学でまちづくり協働座談会が開催され、学生6人が市長、農林水産課長らと様々な意見交換を行いました。
参加した学生は県外・国外出身の1、2年生で、胎内市で暮らし、学ぶ中で感じた今後のまちづくりに生かせるような胎内市の魅力や良いところ、市内での活動を通して得られたもの、活動をしていく中で出てきた市への要望などを市長へ伝えました。

座談会について詳しくは「まちづくり協働座談会」をご覧ください。

撮影日:1月17日

食農大座談会様子

食農大座談会集合写真