地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新発田・胎内・聖籠の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

新発田・胎内・聖籠の地域情報サイト「まいぷれ」新発田・胎内・聖籠

まいぷれ新発田編集部・勝手に盛り上げ企画まとめ

「加治川さくらピクニック」の新商品を持って出かけよう♪

公開日:2019/02/04

以前まいぷれでご紹介した、おしゃれピクニックにおすすめ「加治川さくらピクニック」に新商品が登場!

ピクニックが大好きな「ぴっくさん」と一緒に紹介していきます♪

 

前回の記事では、ブランドコンセプトや大人気商品「加治川いちごバター」や「加治川マカロン」をご紹介しています。ぜひ合わせてご覧ください!

ぴっくさん

ぴっくさん(本名:カタリナ・ド・マルタン)

4月29日生まれ|フランス ロレーヌ地方出身

 

ピクニック歴100年地元のピクニックおじさん。
人はみんな「ぴっくさん」と呼ぶんさ。

このわたしが案内するんさ~。


◆加治川でピクニックをする時は、マカロンを本場フランスより持ち込んだ。これが加治川マカロンの原形とも言われる。
◆枝豆好き。
◆ハットが大好きで、ハットを脱いだ姿は誰も見たことがない。
◆今はフォークダンスに週2で励む。
◆甘党で特にマカロンが大好物。

やっぱりピクニックはおにぎりがいい。「加治川おにぎりセット」

 

持っていくだけでどきどきワクワクする、カラフルな「おにぎりセット」なんさ~。

青空の下、ピクニックマットを広げてお昼ご飯を楽しんだ思い出。

そんな時、いつも片手には具だくさんのおにぎりを持っていたなあ…という方も多いのでは。

 

加治川の自慢のお米を使って、「加治川さくらピクニック」がおしゃれなおむすびをプロデュース。

6つの味が楽しめる、目にもおいしい「加治川おにぎりセット」

ししとう味噌など昔ながらの素材を使いながらも、見た目はとてもかわいらしく仕上げました。

 

どきどきわくわくのピクニックは道の駅加治川からスタートですよ。

くっつきにくい&可愛い「加治川そうめん」

 

ピクニックにそうめんって、ありなチョイス!

加治川そうめんは、大正14年創業の加治川にある「有限会社 カネミヤ」さんが開発。

長きにわたって加治川のピクニック文化と寄り添ってきた、カネミヤさんがピクニック専用の素麺を開発しました。

ピンクと白が、“かわいい”を演出「加治川そうめん」

お弁当に入れても美味しく食べられるように、伸びにくく、くっつきにくい独自の製法で作っております。

クルクルって可愛く巻いて、お弁当に入れたら、小さい子も楽しめるおしゃれなピクニックが簡単に演出できますよ。

 

ぴっくさんが教える、お弁当そうめんを上手に盛り付けるポイントは、「タコ糸で結んだまま、茹でるとキレイに盛り付けしやすいんさ~。」「ごま油やオリーブオイルを少量まぶせばくっつかなくて安心。ここが大事なポイントなんさ~。」との事です!

意外にコンパクトで使い勝手◎「カッティングボード」

 

折りたたみのボードならコンパクトに持ち歩けるんさ~。

カッティングボードは、いまやオシャレなピクニックのマストアイテム!


桜の木を使った、折り畳める「カッティングボード」は、ピクニックにピッタリ。

折りたたみでも長くても。おしゃれな「カッティングボード」

さっと鞄に入れて、ちょっとしたお菓子などを広げるのに最適です。

少し長めの「ロングカッティングボード」は、ピクニックだけでなく、ホームパーティーでも◎。

 

可愛いカッティングボードを入れるケースも発売予定ですよ♪

かわいい“おしゃピク”のオトモにどうぞ♪

 

「加治川おにぎりセット」・「加治川そうめん」・「カッティングボード」…どれも素敵な商品で、ついピクニックに持ってみたくなること間違いなし!

 

令和初、春のピクニックを「加治川さくらピクニック」で、おしゃれに彩ってみてはいかが?

ご連絡・お問い合わせ先

 

加治川そうめん

◆有限会社カネミヤ

住 所 :新潟県新発田市下小中山345-1

電話番号:0254-33-2408

 

加治川おにぎりセット/カッティングボード

◆道の駅 加治川 ふれあいセンター桜館

住 所 :新潟県新発田市横綱1147

電話番号:0254-33-3175

 

◆加治川さくらピクニック事務局

住 所 :新潟県新発田市住田510【加治川商工会内】

電話番号:0254-33-3931

※取材時点の情報です。掲載している情報が変更になっている場合がありますので、詳しくは電話等で事前にご確認ください。